6月27日歌舞伎鑑賞会
- 2013/07/02(Tue) -
柿葺落六月大歌舞伎
【第二部】十四時四十分時開演


27jun1.jpg

一、壽曽我対面

二、土 蜘


三回鑑賞会を行う、第三回目は「第二部昼公演」です。
社友会会員の中から、当選された30名の方が観劇されました。

この日は梅雨の晴れ間の強い日差しが降り注ぎ、
早くから集合していた皆さんは、歌舞伎座の屋根の下に避難していました。

27jun2.jpg

27jun4.jpg

今回は演劇への造詣が深い、丸山一昭さんへ感想文の依頼をしましたら快諾いただき、
ここに寄稿されたものを掲載いたします。
お忙しい中、ご協力有難うございました。

柿葺落六月大歌舞伎を観て
                            丸山一昭
6月27日、社友会肝いりの新歌舞伎座完成祝いの柿葺落興行を観ることができた。
もっともこの漢字を「こけらおとし」と読むとは知らなかった。
僕らの年代はこの手の物は大体読める筈だが、これには参った。
地下鉄東銀座駅から続く歌舞伎座までは大変な賑わいだった。

「寿曽我対面」の幕が上がった。次代を担う若手役者の勢ぞろいである。
中でも最有力候補と言われながら事件ばかり起こし、
別な意味でも話題の中心海老蔵は、顔良し、声良しのスターだけに期待は大きかった。
「成田屋!」の掛け声が場内を沸かすが、古き良き時代の歌舞伎しか知らない私には、
なにかひと味違う、と感じられた。

私の学生時代、昭和29年頃の話である。
或る人の紹介で、二代目市川猿之助(後の初代猿翁)さんの
写真を撮らせて頂けることになり、
歌舞伎座の楽屋を訪ねたことがある。
演劇界では並ぶもののない歌舞伎人気役者に、
足の震える思いで楽屋に入ったが、
初対面の私に対しても人柄の優しさが伝わってくる。
素人同然の学生カメラマンに、
鏡を前にして、くつろいだ姿を見せていただいた。
女性たちに「海老様!」と呼ばれ、
圧倒的な人気のあった九代目市川海老蔵、
弁慶役者と言われた松本幸四郎、
そして尾上松緑など当時名優と呼ばれた顔が思わず浮かぶ。

華やかな新歌舞伎座の歴史に残る柿葺落の舞台を観ていたが、
馴染みの名跡を継いだ若手の役者たちから何故かその華やかさが伝わってこない。
三津五郎や吉右衛門、仁左衛門と言った確かな役者たちが舞台を支えていたが、
これからの歌舞伎人気を背負う立役者たちがこの程度では?
と言った不安感が私を襲う。
私には勘九郎として長い間想い出に残る中村勘三郎をはじめ、
いい役者たちが立て続けにこの世を去った。
それを埋めるには余りにも時間が無かったのだろうか・・・。
しかし、とにかく柿葺落を観ようとする客は溢れている。
この人たちのすべてを取り込められるような素晴らしい舞台、
歌舞伎特有の形式美だけでなく、
心を伝える芸道を求め、若手の精進を願うばかりである。



27jun3.jpg


(事務局 成田)
この記事のURL | 感想文 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「スカイツリー見学会」感想(7)
- 2012/11/15(Thu) -
江橋 剛

東京の新名所「スカイツリー」は訪ねてみたい
気持ちはあったが、行列してまで行く気にならなかった。

そんな時、社友会から見学会の知らせがあり応募、
運良く選に入り妻と出掛けた。
集合場所では懐かしい昔の仲間と再会。
タイムスリップした感での和やかな雰囲気に包まれた。

エレベーターで展望台に昇ると曇り空だったので
富士山こそ望めなかったが、360度下界に広がる絶景を
見ながら空中散歩を楽しんだ。

このあと「ソラマチ」で食事をして、一日を過ごした。
この企画をした方、お世話をくださった方、
ご苦労様でした。

eb.jpg
この記事のURL | 感想文 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「スカイツリー見学会」感想(5)
- 2012/11/05(Mon) -
野原一夫

9月29日(土)のスカイツリー見学会に参加させていただきました。
目の前の塔を見上げたとき、体を微妙にねじりながら
すっくと立った美しい立ち姿に見とれ、
本体の中心部を周りから支える、
太いパイプの複雑な組み合わせの妙に、
ただただすごいなーと感心しました。

929n.jpg

現役時代は東京タワーやARK森ビル屋上の
150mからの展望には慣れていましたが、
静かで高速のエレベーターで上がった
350mの展望台からの高度感は、
やはり自分で体験しなければ判らないものだと思いました。

天候に恵まれたことに感謝しつつ
360度歩いて眺望を楽しんだとき、
ふと、以前、日本電気の方と二人で
森ビル屋上のA・SATのシェルターで保守中に
雷雲に見舞われ落雷におびえたことを思い出し、
もし大雨の日にここに登れば、真横に走る稲光が見られるかも、
とその光景を想像してしまいました。

929nnn.jpg

橋を渡り公園から夕方の丸い大きな月が
スカイツリーの横にかかる美しい景色を眺め、
夜の浅草寺を散策しながら帰途に着きました。
この日は娘達が結婚する前の
25年ぶり位の家族4人にかえって1日を楽しくすごしました。
社友会事務局の菊地さんはじめ担当の皆様には色々とお世話になり
本当に有り難うございました。

この記事のURL | 感想文 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
「スカイツリー見学会」感想(4)
- 2012/11/05(Mon) -
岩坪爽一

巷の話題スカイツリー、遠くに仰ぎ見ていますが
いつか行ってみたいと思っていました。
幸いにも社友会の見学会に恵まれ妻と娘を伴って参加しまし た。
心配していた天気も上々で普段の心がけの結果でしょうか?
9月29日の集合場所には懐かしき社友の方々、
皆さん素敵 なシニアになっていました。

社友会幹事の説明後、待ち時間もなくエレベーターに乗り
50秒後は350m展望デッキです。
扉が開くと思わず「ワー」と声が出ました。
眼下に広がる浅 草、上野、新宿の街々、
テレビ朝日は何処か目を凝らして探しました。
家族も高みから見る東京に感激しています。
あれが皇居、東京ドーム、国技館と薀蓄を傾けていると
展望回廊行きの列が短いので急 いで並びました。

i929.jpg


30秒後、450mの展望回廊です。
スロープ状になっていますのでまさに空中散歩の始まりです。
蛇行した墨田川、神田川、横川、江戸の町は川の町というのが解ります。
東京名所を確認しながら自宅の所在は何処か探しました。
数 十年の東京生活と場所との接点がつながります。
一回りするのに随分と時間が掛かりました。
忘れてならないのは展望デッキのガラス床、
多少の高所恐怖 症、真下に豆粒ほどの人がみえますが
余りにも小さく現実離れしているので恐怖感はありませんで した。
薄霞がかかり富士山が見えないのが残念でしたが
十分に堪能した2時間でした。

929.jpg


世界一の電波塔、日本の技術もまだまだ捨てたものではないと言うのが
高速エレベーターに乗れば実感できます。
頑張れニッポン!
ソラ町のレストランでは遅い昼食をとり
家族揃って大満足の 一日でした。
素晴らしい一日を提供してくださった
社友会事務局、幹事の 方々、有難うございました。

この記事のURL | 感想文 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「スカイツリー見学会」感想(3)
- 2012/10/29(Mon) -
藤井達司

スカイツリー旅行記
お陰様で藤井ファミリー、一行8人が楽しく
スカイツリー見学会に出席させて頂きました。

現在私は浜松市の三ケ日に住み
テレビ朝日社友会のホームページを毎回楽しく拝見しています。
そしてスカイツリー見学会の知らせを見て一度行きたいと思っておりました。
しかしファミリー8人の日程が、なかなか合わず
やっと9月29日に調整が付きました。
川崎に居る長男家族、浜松市の二男家族
我々三ヶ日の老夫婦の合計8人でした。
3世帯の旅行はこれが初めてで中3の受験生、
小5年のバレーレッスン生、保育園児の日程が難しく
6月からの社友会の予定にやっと9月29日が合いました。

旅行が決定したら今度は其々の子供達が
前日に一緒にhotelに泊まりたいと夢が膨らみ
遂に前日新宿のhotelに一泊と大変な規模になってしまいました。
御陰でその夜は孫達の大狂乱。

f1.jpg

当日は天気も良く大喜びでした。
しかし当日券の購入は大混乱でしたが
社友会メンバーは殆ど定時にエレベータに乗れ
順調に展望台に付き景色は良く
高層ビルや隅田川が上から良く見え大感激でした。



しかし帰りは受験生が当日の塾の日程で1時間足らずで帰り、
小5年生はバレーレッスンの都合で浜松帰りの為
矢張り1時間程度で帰り残った長男、二男と私達は
ソラマチで食事と土産物の購入でしたが、
各々大混雑で久し振りの東京の大盛況を実感して
帰り地域の方達にも良い土産話が出来ました。
社友会の皆さんの御蔭で藤井ファミリーは良い記念になりました。
世話役の皆さ当日はご苦労さんでした有難う御座いました。

f.jpg
この記事のURL | 感想文 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ