「第13回・写友スウィング写真展~花彩景~」のご案内
- 2019/09/25(Wed) -
「第13回・写友スウィング写真展~花彩景~」のご案内
9月27日(金)~10月3日(木)

写友・スイングは、創立15年目で大判カメラの魅力に取り憑かれた愛好家の集まりの会です。昨今はデジタルカメラ全盛の時代ですが、私どもは大判カメラが持つシャープでしっとりした質感、豊かな階調を大事にすると共に最大の武器であるアオリ機構を利用して、デジタルのような数値では表せない銀塩文化の真髄を追求しています。
大判カメラは、デジタルカメラのように連写や速写は出来ませんが、撮るために構図や露出、シャッタースピードなど状況に合わせて考える時間が必要です。
感動した被写体をどのように切り取るか、悩んだり迷ったりしながら、緊張感を持ってシャッターを切り作品を作るという実感と、現像が上がったときのわくわく感と喜びは、何者にも代えがたいものです。
今回のテーマは、「花彩景」です。日本の美しい四季を彩る花のある風景を対象とした作品を集めました。作品は全部で18点、各種の大判カメラで撮影されたものです。比較してご鑑賞ください。
展示作品はまだまだ未熟な作品が多く、必ずしも最適な瞬間と大判写真の特徴を捉えたものとは言えませんが、今後なお一層の研鑽と努力を重ねて少しでも前進して行く所存でありますので、引き続き宜しくご支援のほどをお願い申し上げます。

takeda11.jpg

takeda1.jpg

この記事のURL | お知らせ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「第49回ミノックス写真展」
- 2019/06/06(Thu) -
社友 武田伸彦さんより写真展の案内が入りました。ご紹介いたします。

************************
「第49回ミノックス写真展」    リガ・ミノックス(1937年)

世界最小と言われる「ミノックスカメラ」で撮影した世界で唯一の写真展です。
僅か8mm×11mmと言う極小フィルムフォーマットでありながら中判や大判カメラにも匹敵する素晴らしい作品を生み出してくれます。

作品の中には、110cm×150cmサイズの巨大作品もあり、驚かれる事でしょう。今回の出展数は、60点です。

カメラの歴史も古く、1937年にラトビアの首都リガで「リガ・ミノックス」が誕生し、その後、第二次世界大戦、米ソ冷戦などで、ミノックスの本拠地は、ドイツに移りましたが、Ⅱ型、Ⅲ型、B型、BL型、C型、LXなど銘機が続々と生産されました。

1962年、米ソ対立で核戦争になりかけたキューバ危機を救ったのも、実はスパイカメラとして活躍した、ミノックスB型カメラだったのです。

リガ誕生から82年経った現在では、デジタルカメラの出現により、愛好家は減少しましたが、「日本・ミノックスクラブ」や、「ドイツ・ミノックスクラブ」の会員に寄って、守り育てられています。

今回、展示されている作品の一つ一つには、歴史の重みを踏まえた上でのドラマが有ります。作品を鑑賞される際は、是非会員に声をかけて頂き、作品を中心に、ご意見や質問を頂き、お互いが交流できるサロン的な雰囲気で楽しんで頂ければと考えています。

また、ミノックスを始めてみたい方は、お気軽に会員に声をかけて下さい。
会員の中には、ドイツ・ミノックスクラブ公認のマイスターも居り、どんなご相談にも乗る事が出来ます。他の写真展では味わう事の出来ない知的好奇心を満たしてくれる稀有な写真展です。

◆写真展日時:2019年7月2日(火)~7月7日(日)
       10:00~17:00(最終日も同じ・休み無し・入場無料)
◆場所:JCIIクラブ25
    千代田区一番町25番地 JCIIビル(地下一階)
*半蔵門線・半蔵門駅④番出口から徒歩1分
*都バス・(都03)四ツ谷駅から晴海埠頭行に乗り半蔵門停留所下車徒歩4分。
◆電話:03-3261-0300

第49回ミノックス写真展1

第49回ミノックス写真展2

この記事のURL | お知らせ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
社友 武田伸彦さんより 山岳写真同人四季写真展のご案内
- 2018/02/13(Tue) -
社友 武田伸彦さんより写真展の案内が入りました。ご紹介いたします。

************************

山岳写真同人四季写真展「我が心に映る山」開催

 近年にない厳冬の日々が続いておりますが、写友の皆様におかれましては、
ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
 さて、私ども山岳写真同人四季では、下記のとおり、写真展「我が心に映る山」を開催することになりました。
 当会は、昭和43年に創立した半世紀を越える歴史ある山岳写真愛好者の自主グループです。50年の歴史を持つ当会会員が、日頃培った渾身の自信作を発表するものです。

                 記
1.写真展タイトル 
       「我が心に映る山」 

2.会  期  2018年2月22日(木)〜3月6日(火)
10:00〜19:00 
        期間中無休・入場無料・最終日15:00まで
       
3.会  場  ヒルトピア アートスクエア
 東京都新宿区西新宿6-6-2 ヒルトン東京B1F
  ヒルトピアショッピングアーケード内

4.内  容  日本の山岳美を四季にわたり捉えた写真展
     出品会員 60人
     作品数  82点 (カラー 63点 モノクローム 19点)


 (問い合わせ先)
 山岳写真同人四季 
 武田 伸彦(社友)
 090-4916-9559

武田

武田b


この記事のURL | お知らせ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
第11回 写友・スウィング写真展「樹彩景」 ~大判カメラの魅力~武田伸彦さん
- 2017/11/07(Tue) -
社友 武田伸彦さんより写真展の案内が入りました。ご紹介いたします。
******************************

第11回 写友・スウィング写真展「樹彩景」
~大判カメラの魅力~

写真の世界もフィルムに替り、デジタル化が進んで来ましたが、ここに来て
にわかにフィルムが見直される傾向が出て来ました。

特に趣味の世界では、自らの意思をじっくりと作品に映し込む事が出来るフィルム作品に注目が集まり始めています。

我々がフィルムに拘る理由は、フィルムに感光材として使われている銀の微粒子の凸凹感が、プリントした時に奥行き感を出してくれるのに反し、デジタルは、平坦なドットであり、奥行き感に関しては、フィルムが勝っているように思うからです。

フィルムカメラの頂点にある大判カメラによる写真展は、デジテルに走った人達や、本当に写真の面白さを追求しようとする写真愛好家の人達にとっては、見逃せない作品展です。

毎年テーマを「花」「水」「樹」「里山」と変えながら、フィルムによる作品創りに励んでいます。今年は、自然の中で力強く生きている「樹」です。大判カメラで樹に対峙すれば、樹が必ず語りかけてくれます。

会場には、実際使用したカメラ機材も展示致します。

武田1
前回写真展時の写真

4×5吋カメラ、5×7吋カメラ、8×10吋カメラなど、来館されるお客様には、撮影の仕方なども現場でご説明いたします。

出展者は13名、平均年齢は69歳(45歳~89歳)です。

今回の作品は、樹木をテーマに関東・東北周辺で撮影した「樹彩景25点」。
プリントサイズは、全て全倍サイズ以上に大きく引き伸ばしてあり、フィルムならではの、迫力ある作品が展示されます

会場:九段ギャラリー
東京都千代田区九段南1-5-10(千代田区生涯学習館2階)
TEL:03-3234-2841
アクセス:地下鉄都営新宿線or東京メトロ東西線or半蔵門線
「九段下駅」下車 6番出口 徒歩1分
都営バス:飯64高71系統・九段下バス停 徒歩1分

会期:2017年11月26日(日)~12月3日(日)
10時~18時30分 最終日は17時まで  <入場無料>

武田2

この記事のURL | お知らせ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
「第47回ミノックス写真展」   武田伸彦さん
- 2017/06/15(Thu) -
社友 武田伸彦さんより写真展の案内が入りました。ご紹介いたします。
******************************

「第47回ミノックス写真展」
リガ・ミノックス
たけだ

広報担当:武田伸彦

世界最小と言われる「ミノックスカメラ」で撮影した世界で唯一の写真展です。
僅か8mm×11mmと言う極小フィルムフォーマットでありながら中判や大判カメラにも匹敵する素晴らしい作品を生み出してくれます。
作品の中には、110×150cmの巨大作品もあり驚かれる事でしょう。

カメラの歴史も古く、1937年にラトビアの首都リガで「リガミノックス」が誕生し、その後、第二次世界大戦、米ソ冷戦などで、ミノックスの本拠地は、ドイツに移りましたが、Ⅱ型、Ⅲ型、B型、BL型、C型、LXなど銘機が続々と生産されました。1962年、米ソ対立で核戦争になりかけたキューバ危機を救ったのも、実はミノックスB型カメラだったのです。

リガ誕生から約80年経った現在では、デジタルカメラの出現により、愛好家は減少しましたが、「日本・ミノックスクラブ」や、「ドイツ・ミノックスクラブ」の会員に寄って、守り育てられています。

今回、展示されている作品の一つ一つには、歴史の重みを踏まえた上でのドラマが有ります。作品を鑑賞される際は、是非会員に声をかけて頂き、作品を中心に、ご意見や質問を頂き、お互いが交流できるサロン的な雰囲気で楽しんで頂ければと考えています。

また、ミノックスを始めてみたい方は、お気軽に会員に声をかけて下さい。
会員の中には、ドイツ・ミノックスクラブ公認のマイスターも居り、どんなご相談にも乗る事が出来ます。他の写真展では味わう事の出来ない知的好奇心を満たしてくれる写真展です。

◆写真展日時:2017年7月4日(火)~7月9日(日)
       10:00~17:00(最終日も同じ・休み無し・入場無料)
◆場所:JCIIクラブ25
    千代田区一番町25番地 JCIIビル(地下一階)
*半蔵門線・半蔵門駅④番出口から徒歩1分
*都バス・(都03)四ツ谷駅から晴海埠頭行に乗り半蔵門停留所下車徒歩4分。
◆電話:03-3261-0300


武田
武田2

この記事のURL | お知らせ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ