社友・武田氏「写真展のご案内」
- 2013/10/08(Tue) -
社友 武田伸彦さんより

写真展の案内が入りました。ご紹介します。
社友の皆様、ご都合つきましたら足をお運びください。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2013年度「写友・スウィング写真展」のご案内

「写友・スウィング」は、創立9年目の
大判カメラの魅力に取り憑かれた愛好家の集まりです。

大判カメラが持つシャープでしっとりした質感、
豊かな諧調、暖かさ、優しさ、品の良さ、
決して数値では表せない銀塩文化の真髄を追求しています。
 
大判カメラは、デジタルカメラのように連写や速写は出来ませんが、
撮る為の個々の動作で考える時間があります。

感動した被写体をどのように切り取るか、
悩んだり迷ったりしながら構図を決めて、
緊張感を持ってシャッターを切る!写眞を撮ったという実感と、
現像から上って来た時の喜びは、ひとしおです。
 
「写友・スウィング」の平均年齢は67歳です。
40歳から86歳まで男女合わせて19名です。

体が動けるうちは、
青年のように大判カメラを担いでフィルドに出て、
最良の1カットを撮りたいと皆が思っています。
 
我々は毎年撮影テーマを決めて活動しています。
今回は日本の素晴らしい四季の風景をテーマにしました。

作品は全てクリスタル仕上げで、
迫力のある全倍サイズが中心です。

写真の原点である「大判カメラ」による、
銀塩文化の最高峰の作品をじっくりとお楽しみ下さい。
写友・スウィング代表:瀧澤盛次

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■会場:九段ギャラリー(東京都千代田区九段南1-5-10)
千代田区立九段生涯学習館2F
■期間:2013年11月25日(月)~30日(土)
10時00分~19時00分(最終日17時迄)  期間中休館日無し
■入場無料
広報担当:武田伸彦 

takeda photo


「火口に生きる~限界植物御蓼(おんたで)~」  PHOT BY 武田伸彦

*撮影場所:富士・宝永山第2火口(2013・9・24)
*機種:リンホフマスターテヒニカ
*レンズ:シュナイダー・スーパーアンギュロン90mm
*フィルム:ベルビア50(4×5)
*絞り:F-45
*シャッタースピード:1/2秒
*半ば紅葉している植物は、「御蓼」(オンタデ)
(コンデジでポジフィルムを接写した為に余り綺麗ではありません)
*写真展に出展予定です。


takeda photo map1
takeda photo map2
この記事のURL | お知らせ | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<10月の遠刈田便り | メイン | 2013.9月の遠刈田便り>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tvyutoukou.blog136.fc2.com/tb.php/127-9d76b734
| メイン |