「ウォーキング」参加懺悔録の末文
「スカイツリーを間近に見ながら
開局当初の東京タワーにまつわる話は
暑さの中の涼風でした」の
”まつわる話”が知りたいとの要望がありました。
ここで要約で披露しよう。

開局当初の中継放送は
東京タワーが直視できないと放送出来なかった。
事件事故現場からの中継はこの見極めを
的確にする職人技が勝負を決めた。
その達人たちは今も元気だという。
東京タワーに最初に情報(天気)カメラを設置したのは
NET(現テレ朝)だ。

発案は自宅の屋根に上ることも出来ない
高所恐怖症の報道・スポーツ課長江間守一氏(故人)だ。
氏は何事も「はじめて」にこだわるチャレンジャーだった。
ビデオも通信衛星も無かった開局からの6か月
山岳中継番組を放送して話題となった。
東京タワーにまつわる話は、
放送技術の進歩で姿を変えてきた番組制作の話になった。

一方では経営を支える視聴率至上主義が
視聴者に媚を売る体質を生み、
番組は低俗化し制作スタッフの心まで蝕んだという
経営体質にまで及んだ。
話は転々、
職場には減点主義と自主規制がはびこり、
制作現場からサムライ達が去っていった。
生活が安定すると「金持ち喧嘩せず」で
無難なものづくりから類似番組が増えた。
テレビ草創期は道具も経験も未熟で生活も貧しかったが
他局の真似は意地でもしない虚勢を張ったと息巻いた。

------こんな話がうだる暑さの清涼剤になったのである。

事務局長:新里

t1.jpg
NEXT Entry
社友 橋本さんのyoutube
NEW Topics
第11回 写友・スウィング写真展「樹彩景」 ~大判カメラの魅力~武田伸彦さん
2017遠刈田便り10月
元乃隅稲成神社
2017 遠刈田便り 9月
2017 遠刈田便り 8月
Comment
4
Re: タイトルなし
よこひな様
いつもコメント有難うございます。新里は当時の関係者達から情報収集を始めました。興味深いネタが出てくるのを私も期待しています。更新は頻繁にはできませんが楽しみにお待ちください。成田

Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する

CALENDaR 123456789101112131415161718192021222324252627282930