地震を体験して
- 2011/03/17(Thu) -
本当に大きな地震でした。
大災害の犠牲になられた方がたの
ご冥福を祈るとともに被災された方々に
心からお悔やみ申し上げます。

私は社友のA氏と神奈川県下でゴルフをやっていましたが、
突然下から突き上げるような衝撃とそれに続く長い大きな揺れに、
しばらくはその場に立ちすくみました。
周りのメタセコイアの大木も大きくしなって揺れていました。
クラブハウスにあがって、すぐ電話をしましたが、携帯電話は全く役立たず。
コースから自宅へは幹線道路を通ることなく50分前後の道のりですが、
神奈川県下は全域停電とかで信号機が作動しておらず、交差点などでは、
相手の車の動きを確認しながらの運転でした。幸い2時間ほどで帰宅出来ました。

np1.jpg

気の毒だったのはA氏で、電車とクラブバス利用でコースに来ていたため、
駅で足止め。
あきらめて飲み屋やカラオケ店を覗いたら何処も満員。
とうとう帰宅避難民として最寄りの学校の体育館で夜明かしをしました。
ここで毛布とビスケットの支給をうけたようです。、
「周りは帰宅できない仕事帰りの人達。自分はゴルフ帰り。
遊びにきた者が救援受けていいのかなあと、すごく肩身が狭い思いをした。
ゴルフバッグをコースに預けておいてよかったよ」と話していました。
さすがA氏謙虚で心がやさしいですね。

np4.jpg


私の周りにも駅や学校などで夜明かしをした人が結構いました。
我々世代は周りに気遣いする人が多い。
危険が身に迫った時、本能的に防御態勢をとってしまいますが、
後でこうした反応を後悔するんだよねェ。

(ゴルフ部幹事 十川 記)
この記事のURL | 投稿 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<十川の音楽日記 | メイン | 社友廣淵さん講演会>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tvyutoukou.blog136.fc2.com/tb.php/6-4f91cfc3
| メイン |