鹿児島レポート(活火山桜島と暮らし)
- 2011/05/03(Tue) -
升金氏ブログ用

 桜島は日本列島に13あるAランク活火山のうちでも、際だって活発な火山です。
 記録に残る大噴火だけでも文明(1471)、安永(1779)、大正(1914)、昭和(1935)とあり、
そのたびに山容を大きく変えて今のようになりました。
 ここでは桜島について紙幅を割く余裕はありませんが、
鹿児島に住む私たちは好むと好まざるとに関わらず生活の一部になっているのです。


升金マンション2

テレビをはじめとした映像情報のうちでも「天気予報」は特に不可欠ですが、
世界中のローカル天気予報で、噴煙の風向を表示しているのは
鹿児島だけではないでしょうか。
最近は新燃岳上空の風向も出すようになりました。
粉塵は農漁業をはじめ市民の生活に影響が大きいからです。


自宅からの


2月21日、愛車を1時間かけて綺麗に磨き上げました。
2日後の午後2時頃は、この有様です。
磨いた愛車
愛車コラージュ

こんなことは日常茶飯事。
驚いたりがっかりしたりしていては鹿児島に住むことはできません。


sakurajima1.jpg


 桜島の噴煙の正体はケイ酸、酸化アルミなどの火山ガラスと呼ばれるガラス質です。
顕微鏡で見ると尖っているそうで、私も一度だけ目に入ってなかなか取れずに
難渋した経験があります。
ゴルフ場から片眼をつぶったまま運転し眼科医に駆け込みました。

こすってはダメ。涙で流れると思ったが、
まぶたの裏側に刺さってしまったのかチクチクが取れないのです。
鹿児島の眼科医は馴れたもので、眼鏡のようなもので診察し、
アッという間に取ってくれました。


hatsuyuki-2.jpg


桜島は1日に何回も噴火しています。特に最近は多いのです。
でも、噴火の瞬間を目撃することはめったにありません。
私の住まいは14階、地上高約40メートルです。

いま噴火している桜島南岳(正確には南岳のわずか下の昭和火口)は標高1040㍍。直線距離にして9,620m。

何十年かぶりに中学校の三角関数を使います。
tanθ=0.10395。水平距離よりは少し遠く、私の住まいから噴火口まで直線距離は9,672m。
無風、15℃とすると音速は340.31m/sつまり、
爆発音が聞こえたときには28.45sec≒30秒くらい前に噴火しているのです


桜島ビデオ1

 てすから、噴火の瞬間を撮影しようとしたら、カメラをセットして、
無駄を覚悟で回し続けるか、連続録画で爆発音をキャッチしたら
30秒前に戻ってストップするようなソフトを組み込んでおく必要があるのです。

桜島ビデオ2

でも、偶然に噴火の瞬間を目撃したことがあります。30年近く鹿児島に住んでいて、
たった一度だけです。その時はちょうど桜島に向かう形で歩いていました。
 
突然、桜島の頂上を水平に衝撃波が走ったのです。Sonic boomというのでしょうか。
なんと表現したらよいか・・・。


桜島ビデオ3


 キャンバスに画いた桜島の山頂を鋭利なナイフで水平に切り裂いたような光景、
といったら近いかも知れません。

もちろん、音はしませんでした。続いてあのおどろおどろした噴煙が噴き上がり、
ややあって、づん!!といった重い爆発音が聞こえました。それから後はいつもの光景でした。
 これを記録に残すのは難しい。必ず衝撃波が出るとは限らないからです。


0723Morning.jpg


つい先日、噴煙が上がったばかりの桜島の撮影に成功しました。全くの偶然でした。
升金さん撮影の桜島の噴煙は下記のURLをクリックすると見られます。

http://www.youtube.com/beardlaoshi 

1988年、鹿児島に世界中の科学者が集まって
「鹿児島国際火山会議」という大会がありました。
そのとき科学者が言っていたことは「桜島は青年期の火山で、
今後500年くらいはこの状態が続くだろう」ということでした。
 
ビッグバンから46億年かかっていまの地球になったといわれています。
スケールが全然違うんですね。

桜島の朝


私たちは佛の手のひらにのっている孫悟空のようなものです。
46億歳の地球という手のひらの上でわずかに7~80年ほど生かしてもらっている、
と考えれば、桜島に嫌な顔などできませんよ。
ー升金 勲ー
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<十川の音楽日記② | メイン | 十川の音楽日記>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tvyutoukou.blog136.fc2.com/tb.php/8-a7d4a48a
| メイン |